漢方相談ができる東口駅前調剤薬局 [仙台駅東口から徒歩2分]

東口駅前調剤薬局:中医学豆知識

中医学豆知識/冷え性

冷え性

最近、冷え性-「体が冷えてしょうがない」「手足が冷えて眠れない」「冬になるとしもやけやひびわれができやすい」などなどと訴える方、特に女性が多くなります。実は冷え性は女性だけではなく、男性にも多い症状の一つです。

冷え性と一言に言っても様々なタイプがあります。
中医学(漢方)の角度から見れば、大きく三つに分けられます。

@    脾の機能(消化器系)が弱くて冷えるタイプ
A    腎の機能(体を温める機能)が弱くて冷えるタイプ
B    血液の流れが悪くて冷えるタイプ

脾の機能が弱いタイプの冷え性は、冷たいものを摂りすぎたり、脂っこいものを摂ったりすることで消化器系の機能が弱くなることが原因です。下痢になりやすいです。このタイプの冷え性は脾の機能が弱いことで、体の栄養となる「気」「血」を作る力が弱くなり、体を温めることが出来なくなり、冷え性になるのです。下痢になりやすい以外に、普段から疲れやすい、顔色が悪い、食欲がない、風邪を引きやすいなどの症状を伴うことも多いです。治療には、まず脾の機能を強化し、体の栄養となる「気」「血」をたくさん作らなければなりません。その症状にあわせて、人参、生姜、附子などを含む漢方薬を使われます。

腎の機能が弱いタイプの冷え性は、体を芯から温める機能が弱まっているのが原因です。体の芯から温める熱を作るのは「腎」の大きな仕事です。「腎」の機能が生まれつき弱かったり、年齢と共にそのパワーが弱まったりすると、強い冷え性を引き起こす事があります。このタイプの冷え性の特徴は冬だけではなく、夏でも冷えを感じることです。不妊症になったり、トイレが近くなったりすることが多いです。治療には、附子、肉桂(シナモン)、生姜などを含む漢方薬を使われます。

血液の流れが悪いタイプの冷え性は、寒さやストレスなどで血流の滞りがその原因となります。「血」を全身の隅々まで送りとどけるのは「気」の働きです。この「気」がストレスなどによって動きが悪くなってしまい、「血」の流れも悪くなります。又、「血」は寒さで流れづらくなります。このタイプの冷え性は頭痛や肩こり、生理痛、舌や唇のまわりが紫色などの症状を伴います。治療には、陳皮(みかんの皮)、香附子、川きゅうなどを含む漢方薬を使われます。

冷え性には上記以外にも、様々なタイプがあり、違った症状が現れるので、一度ご相談ください。